◎当ブログの概略について。
管理人が独断と偏見で選んだ利益を生み出してくれそうな商材を、
実運用して検証していきます。
現在検証中の商材は、
FX-max weekly
スーパーFXシグナル
FXデイトレード-30分ブレイクアウト法
FXブレス
の4点です。(2008/7/7現在)
このうち「30分ブレイクアウト法」につきましては、
商材通りの使い方ではなく少し使用法を変えて、
「30分ブレイクアウト法(改)」として検証しております。
詳しくは「30分ブレイクアウト法(改)1」の記事をお読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーFXシグナル検証13

6月4日のスーパーFXシグナルによる取引は、
1勝0敗0分 +123pipsでした。
以下詳細です。
【新規】
GBP/JPY
【決済】
GBP/JPY +123pips
【保有中】
無し

【週間】5勝2敗0分 +142pips
【月間】5勝2敗0分 +142pips
【累計】13勝6敗0分 +14pips
【過去の月間結果】
5/19~5/31 8勝4敗0分 -128pips
(検証開始:5月19日)


今日、配信主さんから長文でトレードについての説明のメールがきました。

やはり最近の結果に不満を感じている会員の方が多く、
配信主さんに直接メールで負けた理由の説明求める人や、釈明を求める人までいたそうです。
その返答として、全員にトレードスタイル等についての説明が長文で送られてきました。

内容は主にトレード方針と配信主のトレードに対する心構えや、
「利大損小」という言葉の意味の解釈についてといったところでした。
損切り幅の広さやストップにかかるまでの対応についての説明を求める意見が多かったようで、
ここの説明が重点的に書いてありました。

このメールで、配信主が持っているトレードに対する具体的な考え方を理解し共有することができ、
納得できる点も多々あったので、再びこの配信システムを信じていこうと思い直しました。

確かに先月後半の配信指示の余りの酷さに、
目先の負けトレードばかりに目が行って悪い印象ばかり受けていましたが、
扱っているシステムがちょうど最も苦手とするような相場付きなだけだったのかもしれません。

システムトレードを行っている以上、
数ヶ月に一度はこのような連敗に次ぐ連敗で大きなドローダウンを抱えることは避けられないので、
そのような時期でもなお、5月の月間では(システムCを除いても)プラスで終わったことは評価できると思います。

特に他の配信系サービスがことごとくマイナスで終えた月であるから尚更です。

今回のメールの内容はかなり長文なためここに載せることはできませんが、
充分納得してこれからも指示に従いトレードしていけるような内容でした。

他の会員も同じ気持ちな方が多いのか、
心なしか会員のMLコミュや2chなどでも叩きが大幅に減った気がします。
まぁ今日は大きな含み損も無く、勝ちトレードのみで終わったからというのもあるでしょうけど。

昨日の日記では酷な批評を書きましたが、まだまだ見放すには早いと思い直しました。
これからも当分の間は検証を続けていこうと思います。
スポンサーサイト

コアFX検証2PageTopUP CURRENT検証13

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://fxtestblog.blog19.fc2.com/tb.php/33-8d672109

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
参加ランキング

FC2カウンター

参加ランキング
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。